倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院(TAMASHIMA KYODO HOSPITAL)

電話番号:086-523-1234

虹の箱 ふれあいカード

当院では信頼される病院づくりをめざし、利用された方々にご意見をお聞きしています。
また、患者参加の安全安心な医療の実践として、「患者さまのヒヤリハット体験」をお願いしています。
いただいたご意見は毎月第1・第3金曜日に意見箱を開錠し、院所利用委員会で討議します。回答は病院内の掲示と、ホームページで紹介しています。

■ ご意見、ご要望

看護師・介護士さんたちが真面目で活発に働かれている印象を受けてとてもよかったです。質問にも丁寧に回答してくださりましたし、細かな事や室温調整にも気を配って頂きました。父母入院時、あんなに病院で気を遣ったのに、このような病院があるのだなと思いました。清掃の方たちも、入室の際にはご挨拶頂きとても感じが良かったです。
院内の展示やラウンジも整っていると思いました。
私が今直面している母の死についても、いいアドバイスを看護師さんからいただいてよかったです!病院はギスギスしたところといったイメージでしたし、私が勤務していた病院もスタッフたちは常にイライラしていましたが、こちらでは患者でお世話になったというのもあると思いますが、スタッフ間でいがみ合っているようなムードを感じることがなく、それがほっとさせてくれました。退院間際まで何人もの看護師さんが話しかけてくださり、本当にうれしかったです!

2019年5月27日 57歳 女性

■ 回答者:看護部長 東入来 真夕美

この度は職員に対し心温まる謝辞を頂きありがとうございます。職員は、こうした謝辞を頂くことで、患者さんとの日常的な関わりを振り返る良い機会となります。職員一同、皆さまのご要望に添い、ホッとして頂けるような病院職員として努力して参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

■ ご意見、ご要望

限度額適用認定証の提示のお願いが口頭でされず、全額負担になった。始めての入院の者には全く不親切。立腹している。

2019年5月31日 65歳 男性

■ 回答者:事務長 亀山真一

ご意見をお寄せくださり、ありがとうございます。
入院時にお知らせすることがたくさんあり、書面と口頭の両方で説明をさせて頂いておりますが、不十分だったことのお叱りと思います。引き続き、丁寧な説明に努めてまいりますのでよろしくお願い致します。

■ ご意見、ご要望

CT前の注意として、「飲食物・薬を口に入れないこと」との説明と説明文があったが、結石の排泄を促すために「水を飲むこと」との指示もあった。そこで、飲食物での「飲」での禁止はジュース・コーヒー・牛乳の類と判断して水は飲んでしまった。禁止が水も含む場合には「飲料水・水も・・・」とか具体的に書いたり、指示した方が良いのでは・・・と思います。この件は看護師さんに伝えています。

2019年5月29日 77歳 男性

■ 回答者:事務長 亀山真一

ご意見をお寄せくださり、ありがとうございます。
飲食物には水も含めておりますが、治療の個別性によって誤解をされることが分かりました。
引き続き、丁寧な説明に努めてまいりますので、よろしくお願い致します。療養上の指導等でご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフにお声がけください。

■ ご意見、ご要望

家族がいつも大変お世話になっております。先生を始め、スタッフの皆様に親切にしていただき有難く思います。

2019年5月7日 55歳 女性

■ 回答者:看護部長 東入来 真夕美

この度は、温かいお言葉を頂き有難うございます。職員一同、これからも理念に掲げております、『その人らしく』を大切にした寄り添い、支援できる関わりが持てるよう、より一層努力して参りたいと思います。また、何かありましたらご意見・ご要望をお寄せください。

■ ご意見、ご要望

一週間入院お世話になりました。スタッフの皆様とてもやさしく心安らぎました。細かい所にも気遣いいただき、ありがとうございました。 毎日忙しい日々と思いますが、入院患者さんの為、頑張ってくださいね。優しい声掛けでよくなりました。

2019年5月20日 77歳 女性

■ 回答者:看護部長 東入来 真夕美

この度は、お褒めの言葉を頂き感謝いたします。今後も職員一同、より一層の努力を重ね、皆さまのご要望に添う心安らぐ看護が提供できるよう頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

■ ご意見、ご要望

急に不安な時、清水先生、看護師さん何度もお電話くださいまして、深夜に受け入れて頂き感じよく深謝申し上げます。恐縮いたしました。有難うございました。お礼申し上げます。

2019年5月13日 88歳 女性

■ 回答者:看護部長 東入来 真夕美

この度は、お褒めの言葉を頂き感謝いたします。今後も患者さん、ご家族のご期待に添える医療・看護の実践に取り組んでいきたいと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

↑ ページの先頭へ