倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院(TAMASHIMA KYODO HOSPITAL)

電話番号:086-523-1234

先輩からのメッセージ

患者様に寄り添った医療を
提供していける現場をめざして

地域医療を支える玉島協同病院では、様々な職種の先輩が活躍しています。
そこでこのコーナーでは、現場で活躍する先輩に仕事のやりがいをインタビュー。
その言葉に耳を傾ければ、きっと玉島協同病院で働く自身の将来像が見えてくるはずです。

医療ソーシャルワーカー

西村みゆき

子育てに理解のある先輩が多いので安心して働けます

私は医療ソーシャルワーカーとして働き、患者さんの療養上の不安や生活上の困りごとの解決ができるよう、お手伝いをしています。他職種や関係機関の方々と連携をとりながら、患者さんに寄り添った支援ができるよう心がけています。日々大変な事も多いですが、やりがいのある仕事です。
子どもを出産後は、仕事と育児の両立が出来るか不安でしたが、子育てに理解のある先輩職員が多いので、仕事以外のことも相談することが出来ます。働きやすく、明るく楽しい職場です。

内科医師

清水 順子

笑顔の見える、やりがいのある職場です

外来診療、透析医療、入院、訪問診療(往診)を担当し、さまざまな状態の患者さんと接しています。看護、リハビリテーション、ケースワーカーをはじめ他職種と連携して、患者さんにとって、より良い医療・介護の提供をめざしています。また、併設の訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、ケアマネージャーと協力して在宅での生活を支えています。その人らしさが伝わり、笑顔が見える、やりがいのある職場です。

外来/透析室 看護師

大橋 幸子

仕事と家庭の両立を目指し、転職を決意

看護師として外来と透析室の兼務をしています。新卒から倉敷市内の病院に就職し、13年間同じ病院に勤めてきた私にとって、転職はとても勇気のいる決断でしたが、今は玉島協同病院へ就職させてもらって本当によかったと思っています。きっかけは長女の小学校入学でした。
『フルタイムで働きながらも、家庭との両立をしていきたい』
その思いで病院探しを始めました。玉島協同病院へ見学に来ると、院内は明るく清潔で、職員の方々も優しく、アットホームな雰囲気が印象的でした。就職してからもその印象は変わらず、明るく優しい先輩方に囲まれながら、楽しく仕事をさせてもらっています。
4人の子育てをしながら夜勤ありのフルタイムで働かせてもらっていますが、幼稚園・小学校それぞれの学校行事や参観日にはお休みをいただき、忙しいながらも充実した日々を過ごしていると思います。
家庭と仕事の両立を目指す皆様、是非一度見学にいらしてください。
一緒に働けることを楽しみにお待ちしております!

事務課

大内 亜柚

責任のある仕事を任せられ、毎日が勉強です

私は事務課で入院係をしています。主に入院患者様のご入院の手続きやご案内、請求書の作成を行っています。患者様によって様々な対応や専門知識が求められるため、入職したての私にとっては勉強の日々ですが、やりがいと責任のある仕事だと感じています。

理学療法士

別府 昌幸

ベテラン職員が多く、学べる環境が整っています

当院は地域密着型の病院のため、患者さんのリハビリを行う他に、入院患者さんの退院前訪問やサービス担当者会議にも参加し、医療や福祉関係者がチーム一丸となってサポートすることを学んでいます。
当院のリハビリスタッフはあまり多くはありませんが、助け合いながら日々楽しく業務に取り組んでいます。ベテラン職員が多く、わからないことがあってもしっかりと答えてくれ、とても仕事のしやすい環境です。部屋は大きな窓が多く、日当たりの良い明るい場所です。自然の明るさの中でリハビリができるので、患者さんにも好評です。

↑ ページの先頭へ