倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院(TAMASHIMA KYODO HOSPITAL)

電話番号:086-523-1234

地域連携室より

地域医療連携室は、さらなる地域連携の強化と入退院支援の向上を目指し、H29年10月に医療福祉相談室へ引っ越しを致しました。現在ソーシャルワーカー2名と退院支援看護師1名、事務2名で担当しております。今後も地域の皆さんにとってかかりやすい病院であるようサポートしてまいりますので、気軽にお声かけください。

2020.02.04

健康サミットにて講演を行いました


2月1日(土)玉島市民交流センターにて第4回目の健康サミットが開催され、「睡眠」をテーマに当院の進藤医師が講演を行いました。講演会の内容をご紹介します。

よい睡眠をとるためには、体内時計を整えることが大切です。規則正しい生活を心がけ、寝る前には部屋を暗くし、朝の目覚めは太陽の光を浴びると効果的です。脳の温度が上がると眠りにくくなるので、入浴は90分から120分前にすませましょう。就寝4時間前のカフェイン摂取や1時間の喫煙、ゲームなどの刺激は快眠の敵です。寝酒も睡眠の質を落とします。音楽やアロマ、ストレッチなどで心身をリラックスさせましょう。また、テスト前などの徹夜ですが、脳は眠っている間に学習したことを整理します。寝ていないと整理されず、頭の回転も悪くなり逆効果です。さらに、24時間眠っていない状態の注意力、判断力はビール1~2本の飲酒運転に匹敵します。睡眠はしっかりとりましょう。



※睡眠時無呼吸、抑うつなど病的な不眠は医療機関を受診してください

 

地域連携室より一覧へ
↑ ページの先頭へ